おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
これも珍名、ウマノアシガタ(馬の足形)
0

    おもしろい名前や変わった名前を持つ植物は数多くありますが、これもその一つです。

     

    ウマノアシガタ(馬の足形)

     

     

     

     

    桜が散る頃に道端や土手で黄色の花を咲かせはじめ、今でもまだ見ることができます。

     

    小さい花ですが、群生しているところではお花畑の風情です。

     

    写真は里山にあるご近所の柿畑にあるウマノアシガタの群生です。

     

     

    まさにお花畑です。

    実際は、写真で見るよりも黄色が鮮やかで、とてもきれいです。

     

    下の写真は最近のもので、果実を形成しています。

     

     

    それにしてもどうしてウマノアシガタなのか。

     

    一説によると、葉の形が馬の蹄に似ているとか、いや花の形が似ているということですが、どちらも首を傾げたくなります。

     

     

    ウマノアシガタはキンポウゲ科の植物で、葉の形は同科のトリカブトやニリンソウに似ています。

     

    キンポウゲ科の植物は花がきれいなものも多いので、園芸用にたくさん流通しています。

     

    例えばラナンキュラス、クレマチス、クリスマスローズなどなど

     

    そしてキンポウゲ科の植物には、毒性があるものも多く、その代表がトリカブトです。

     

    しかし、トリカブトは使用法さえ間違えなければとても貴重な、そして漢方薬にはなくてはならない生薬のひとつです。

     

    ウマノアシガタも有毒植物の一つに数えられ、誤食すると腹痛や下痢、嘔吐を引き起こしたり、茎や葉の汁液が皮膚に付くと赤く腫れることがあります。

     

    トリカブトのように、「毒にもなるけど薬にも」と期待したいところですが、本国ではそのような事例はないようです。

     

     

    | 身近な薬草たち | 06:20 | comments(0) | - |
    畑の厄介者スギナ
    0

      ツクシの項でも述べましたが、春の風物詩としてみんなから愛されるツクシと、畑の厄介者であるスギナとは同一の植物です。

       

      ツクシから飛び立った胞子が根付いて、スギナが成長してきます。

       

       

       

       

       

       

      このスギナの真骨頂は根にあります。

       

      地上部のスギナを見て大したことはないと侮っていたら、地下ではその数倍も根茎を張り巡らしています。

       

      それも地中深く張り巡らすので、根こそぎとることが難しく、取っても取ってもあちこちから芽を出して成長します。

      それに根負けしたらあっという間に席巻されてしまいます。

       

       

      畑の厄介者と呼ばれる所以です。

       

      ところがこのスギナ、民間療法の間ではとても有名な薬草です。

       

      全草を採取して乾燥させたものを用います。

      生薬名を問荊(もんけい)といいますが、一般にはスギナで流通しています。

       

      主に民間療法で利尿、鎮咳、解熱、止血を目的として用いられています。

       

      最近では、健康茶から化粧品まで広く利用されています。

      | 身近な薬草たち | 09:14 | comments(0) | - |
      アヤメに似た花のシャガ(射干)
      0

         

        里山では、アヤメに似たとてもきれいな「シャガ」の花が咲いています。

         

        シャガは中国から伝わった外来の植物です。

         

         

        ほとんど白色に見える薄く紫色がかった花には青紫色の斑点がいくつも入り、中心部分にはオレンジ色の模様があります。

         

        花は1日で枯れてしまいますが、次々と新しい花を咲かせます。

         

         

        光沢のある細い葉は冬でも枯れない常緑の多年草です。

         

        長い地下茎を伸ばし、その先に芽をつけて増えるので、たいてい群落を形成しています。

         

         

         

        この「シャガ」、漢字では射干と書きます。

         

        ところが、漢方薬を専門にしている人たちは、「射干」という漢字を見たら、たいていヤカンと読みます。

         

        なぜ?

         

        それは漢方薬に用いる生薬に射干(ヤカン)という名の薬草があるからです。

         

        しかし漢方薬で用いる薬草の射干(ヤカン)は、じつはシャガではなくヒオウギという名の植物です。

         

        中国では、このヒオウギを射干といいます。

         

        ややこしいですね。

         

        どうもシャガが日本に伝わったとき、葉の形がヒオウギ(射干)に似ていたので、間違ってヒオウギの漢名の射干を日本語読みにしてシャガと名付けられたようです。

         

        ヒオウギと違い、シャガには薬草としての利用はないようです。

        | 身近な薬草たち | 09:54 | comments(0) | - |
        夜に咲く赤花夕化粧
        0

          散歩の途中、以前はあまり見かけなかった植物に出会うことがたまにあります。

           

          今日ご紹介するのも、そのひとつです。

           

           

          早朝の散歩時、道ばたで朝日を浴びて濃いピンク色の花を咲かせています。

           

          1センチほどの小さな花ですが、花壇に植えても良いくらいきれいな花です。

           

           

          調べてみると、名前がなんと「赤花夕化粧」!

           

          以前ご紹介した待宵草(マツヨイグサ)の近縁植物で、マツヨイグサと同様にもともとは夕暮れから朝まで花を咲かせますが、日中に咲いたものも時折見かけます。

           

          国立環境研究所の侵入生物データベースによると、アカバナユウゲショウは北アメリカ南部に自然分布する植物で、明治時代に観賞用として輸入されたものが野生化しているそうです。

           

          このパターンで野生化して、今では雑草扱いされている植物が多いのに驚かされます。

           

          個人的には、散歩の途中、季節ごとにいろんな花に出会えるのでうれしいのですが(^^)

           

          以前ご紹介したように、マツヨイグサもアメリカからの帰化植物なので、日本で薬草としての利用はありませんが、アメリカでは薬草としていろいろ利用されています。

           

          同様に、アカバナユウゲショウも薬草としての利用は日本ではありませんが、メキシコあたりでは民間療法として、咳や下痢、皮膚感染症などに利用されているようです。

          | 身近な薬草たち | 22:31 | comments(0) | - |
          野いちごが実をつけました
          0

            春先に花を咲かせた野いちごが、いつの間にか実をつけています。

             

            花から実になるまでの時間がとても短い植物ではないかと思います。 

             

             

             

             

             

            クサイチゴの実は、若干大きく、形は少しいびつです。

             

            食べると酸味がほとんどないので、あっさりした甘さです。

            おいしいです。

             

             

            ヘビイチゴの実

             

            クサイチゴの実に比べて、若干小さく、形は球形に近いように思います。

             

             

            下はヘビイチゴとクサイチゴの実を比べた写真です。

            小さく丸いヘビイチゴの下に、ちょっといびつなクサイチゴの実を並べてみました。

             

             

            ヘビイチゴは食べるとほとんど味がないので、不味いです。

             

            子供のころは、毒イチゴと言って手をつけないようにしていたので、今でも無意識に避けています。

            でも毒はないので、間違って食べても大丈夫です(^^)

            | 身近な薬草たち | 20:51 | comments(0) | - |
            野ばらといえば、ノイバラ
            0

              野生のバラ、ノイバラがきれいです。

               

              わが里山の近くの道路沿いにたくさん見ることができます。

               

               

               

               

              中国では、このノイバラの花を薔薇花(しょうびか)といって暑気ばらいや健胃薬として、葉を薔薇葉(しょうびよう)といって排膿作用を目的に、化膿症に用いるようです。

               

               

              日本では、主に秋に赤く熟す偽果を薬草として利用します。

               

              赤く熟す少し前のちょっと青みがかったものを採取し、乾燥して用います。

              生薬名を営実(えいじつ)といいます。

               

              民間療法として古くから利尿作用や下剤としての作用を目的に利用されています。

              | 身近な薬草たち | 09:10 | comments(0) | - |
              食べられる野いちご、クサイチゴ
              0

                前回ご紹介したヘビイチゴと並んで、野いちごと言えば今回のクサイチゴです。

                 

                 

                ヘビイチゴと同じように赤い実を付けるので、どちらも野いちごと呼ばれていますが、ヘビイチゴは草本、クサイチゴはつる性の木本という違いがあります。

                 

                 

                里山ではいたる所で見ることができます。

                 

                 

                茎にはトゲがあります。

                 

                つるを利用してツツジなどに絡んで成長するので、剪定や草刈りのときにこのトゲが刺さって痛い目にあいます。

                 

                 

                赤い実はヘビイチゴより少し大きめで、あまり酸味がなく、甘いです。

                 

                大きさと、やたらに甘いのを誇る現代のイチゴに比べると、とても素朴な味ですが、甘くておいしいです。

                 

                特に酸味がほとんどないので、ハズレがありません。

                もし甘くなくて味がなかったら、それは間違えてヘビイチゴを食べたんだと思います(^^)

                 

                このように、クサイチゴは果実を食べたり、クサイチゴ酒にして飲んだりしますが、ヘビイチゴのように薬草として利用することはありません。 

                | 身近な薬草たち | 10:27 | comments(0) | - |
                野いちごのひとつ、ヘビイチゴ
                0

                  里山を歩くと、道端や土手のあちこちに咲いた黄色い小さな花が春を演出しています。

                   

                   

                  いわゆる野いちごと呼ばれる仲間のヘビイチゴです。

                   

                  花の大きさは、近くに落ちた桜の花びらと比べると分かるように小さな花です。

                   

                   

                  下の写真は近縁種のヤブヘビイチゴです。

                   

                   

                  とても近い関係なので交雑種もあるらしいです。

                   

                  子どものころは「毒イチゴ」と呼んでいましたが、実際は無毒です。

                   

                  でも、生のまま食べたら全然おいしくないです。

                   

                  どうしても食べたいならジャムにして食べるといいようです。

                   

                  知らなかったのですが、中国ではヘビイチゴのことを蛇苺(じゃも)と言い、生薬名も蛇苺だそうです。

                   

                  どうも本国のヘビイチゴという名は、このあたりから来ているのでしょうね。

                   

                  薬草としては、全草を採取して乾燥させたものを利用します。

                   

                  主に民間療法ですが、発熱や下痢などに煎じて服用します。

                   

                  でも、最も多く利用されているのは、実を焼酎に漬けたものを虫刺されに使うことかもしれません。

                   

                  よく効いたという使用経験を、ネット上でも散見できます。

                  | 身近な薬草たち | 10:05 | comments(0) | - |
                  スズメノテッポウは草笛の代表格
                  0

                    近頃は草笛を作って遊ぶという機会はほとんどなくなってしまいましたが、昔から草笛といえば田んぼや畑に生えたスズメノテッポウが、その代表格でした。

                     

                     

                    草笛を作るといってもとても簡単で、穂を抜いて、穂の根元についた葉を折り返したら、口にくわえて吹くだけで簡単に音がでます。

                     

                     

                    穂が白く見えるものと、黄褐色のものがありますが、雄しべの葯が開花直後は白く、次第に黄褐色に変化するためです。

                     

                    このスズメノテッポウ、田んぼや畑に生えているといいましたが、同じスズメノテッポウでも田んぼに生えたものと、畑にあるものでは性質が異なっているそうです。

                     

                    田んぼのスズメノテッポウは、自分の花粉を自分の雌しべにつけて種を作る自家受粉を行い、畑のものは他家受粉を行うようで、できる種の大きさも田んぼのものが大きいようです。

                     

                    同じ植物でも、子孫を残して生き残るために、その環境に適した進化の道をたどって来たのでしょうね。

                     

                    なんとなく、畑にあるものは若干小さいように感じていたのですが、そんな理由があったとは!

                     

                    その進化のおかげか、耕した田んぼもあっという間にスズメノテッポウで覆われてしまいます。

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 身近な薬草たち | 17:00 | comments(0) | - |
                    かつての片栗粉の原料、カタクリ
                    0

                      昨夏の台風による雨の影響で、北海道のジャガイモの収穫が減少し、ポテトチップスの販売休止のニュースが 話題を集めています。

                       

                      それと同時にジャガイモを原料とする片栗粉の生産にも影響が出ていると伝えています。

                       

                      かつて片栗粉はその名の通り、カタクリという植物の球根(鱗茎)から作られていたのですが、明治以降ジャガイモに取って代わっていったようです。

                       

                      写真は里山に植えたカタクリです。

                      春先に撮影しました。

                       

                       

                      カタクリは地上で観察できる期間がとても短いので、注意を払っていないと見落としてしまいます。


                       

                      早春に花茎を伸ばして、下向きに花を付けます。そして開花後はシクラメンのように外側に反転します。

                       

                       

                      片栗粉を作るには、5〜6月ころに鱗茎を掘り出し、外皮を除いて細かく砕き、水を加えてさらに細かく砕き、デンプンを含んだ白濁した液を木綿布でこし、放置して底に沈んだデンプンをさらに数回水でさらして精製します。

                       

                      1本のカタクリからとれる片栗粉の収量はとても微量であることは間違いなく、ジャガイモに取って代わったのもうなずけます。

                       

                      薬草としての利用は、例えば風邪の予防に、葛(くず)の項でお話ししたくず湯のように、カタクリ粉をお湯で溶いて服用します。

                       

                      また、すり傷にはカタクリ粉を直接ふりかけて用います。

                      | 身近な薬草たち | 09:08 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE