おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 荒れ地に咲く花笠、アレチハナガサ | main |
きれいな花、ルエリアも野生化しています
0

    雑草といわれる植物はとても不思議で、生育のためには極めて環境が悪いと思われるところでもよく育っています。

     

    いや、むしろそういうところを選んでいると思われるようなフシがあります。

     

    例えば、乾燥がひどくとても植物の生育には不向きな場所、あるいは人の往来があり常に踏みつけられる危険と隣り合わせの場所など。

     

    今日ご紹介する植物も、そんな悪条件をものともしないヤナギバルイラソウというメキシコ原産の帰化植物です。

     

     

    当初は観賞用として輸入された植物なので、さすがに雑草というにはちょっと無理があるかもしれません。

     

     

     

    ただ、その生命力の強さのおかげで着実に野生化して広がっています。

     

    最も多く見られるのが舗装道路や水路脇の割れ目やすき間、民家のブロック塀のすき間などです。

     

    どうしてこんな場所にと思いますが、競争相手がいない分楽なのかもしれません。

     

     

     

    驚いたことに、治療院のエントランスのコンクリートのすき間にも、いつの間にか花を咲かせていました。

    ハス鉢を置いた時は全く気づかなかったので、成長は相当速いのかもしれません。

     

     

    暑い夏に涼しげな紫色の花を咲かせます。

     

    ペチュニアに似た花ですが、花弁には和紙のような繊細なしわが多数あります。

     

    園芸植物としてはルエリアの名前でいろんな品種が流通しています。

     

     

    帰化植物なので、本国での薬草としての利用はありません。

     

    外国では薬用植物として、抽出物を用いた動物実験が行われているようですが、いわゆる薬草としての民間利用はないようです。

    | 身近な薬草たち | 11:14 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE