おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 野生にかえったフシグロ | main | 道ばたを彩る雑草予備軍のセダム >>
小さいけど抜群の存在感の蓮
0

    治療院のエントランスに置いたハスの鉢に、小ぶりながら立派な花が咲きました。

     

     

    レンコン畑や、池などで見かける野生のハスに比べると、葉も花もずいぶん小ぶりですが、その堂々としたたたずまいはさすがです。

     

     

    花が終わったら花托が残ります。

     

    写真は数日前に散った後の花托です。

     

     

    これも野生のハスに比べたらちょっと貧弱ですね。

     

    野生のものだともっと大きい花托で、それがだんだん肥大化して、りっぱな蜂の巣のようになります。

     

    蜂の巣のような穴には、それぞれ種があります。

     

    この種は「ハスの実」と呼ばれます。

     

    ハスの実は、東南アジアや中国、台湾では食品として広く利用されています。

     

    例えば、ベトナムではハスの実をそのまま食べたり、お菓子にしたり、料理に使います。

     

    中国では月餅に入れることでも有名です。

     

    これが薬草になると名前も蓮肉(れんにく)となります。

     

    下痢や食欲不振などの胃腸障害、あるいは排尿障害や精神不安などを目標に、いろんな漢方薬で利用されます。

     

     

    | 身近な薬草たち | 18:28 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE