おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 旺盛な繁殖力のチガヤ | main | 日本ではゲンノショウコ、米国ではアメリカフウロ >>
芝生の敵、マツバウンラン
0

    前回、旺盛な繁殖力で芝生に侵入するチガヤについてご紹介しました。

     

    今回は同じように芝生に侵入する雑草として有名なマツバウンランです。

     

     

    小さいですが、薄紫色のきれい花です。

     

     

    根茎で増えるチガヤと違い、あまり深く根を張らないので、簡単に抜くことができます。

     

    ですから、こまめに草取りしたら問題ないのですが、ちょっと油断するとごらんのような有様です。

     

     

     

    昨年、草取りを怠ったので、花が結実してたくさんの種が落ちたからだと思われます。

     

    今年もぐずぐずしていたら、ごらんのように結実してしまいました。

     

     

    このままだと数年後には、芝生がチガヤとマツバウンランの花畑に変化しそうです。

     

    マツバウンランは北米原産の帰化植物です。

     

    国立環境研究所の侵入生物データベースによると、本国で初めて見つかったのは1941年頃だそうです。

     

    本国ではもっぱら雑草扱いですが、米国では一部の地域では観賞用として栽培されたり、民間療法で薬草として用いられたりしています。

     

    薬草としては、葉を揉んで止血や痔核に外用するようです。

    | 身近な薬草たち | 11:19 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE