おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< これも珍名、ウマノアシガタ(馬の足形) | main | 芝生の敵、マツバウンラン >>
旺盛な繁殖力のチガヤ
0

    あちこちで、チガヤのモコモコした穂が風に揺れています。

     

     

    チガヤは漢字で書くと茅です。

     

    夏越しの大祓(おおはらえ)の茅の輪くぐりに使用される茅の輪は、今では芦を使ったりしているようですが、もともとはチガヤの葉から作られていました。

     

    生えている場所によって大きさは様々です。

     

    河原の土手や国道沿いで見かける茅は腰の高さほど、わが家の芝生に生えた茅は膝丈にも満たないほどの大きさです。

     

    その旺盛な繁殖力によって、最もやっかいな雑草の一つに数えられています。

     

    写真は庭の芝生にはびこったチガヤです。

    とても困っています。

     

     

    次は近くの病院の駐車場の植え込みに侵入したチガヤです。

     

     

    根茎を伸ばして繁殖するので、たいてい群落を形成しています。

     

    今ごろは絹毛に細かい実がぶら下がっていて、いつでも飛んで行けそうな状態です。

     

    見た目は白いモコモコした穂です。

     

     

    5月の始めころは葯と柱頭が見える花穂で、今よりは細い尾のような状態で、遠目に見たらキラキラした銀色がとてもきれいです。

     

     

     

    この花穂の若い、まだ鞘に包まれている状態のものを「つばな」と言い、ちょっと甘味があるので、昔は子どもたちがおやつ代わりによくしゃぶっていました。

     

    分類学的にサトウキビに近い仲間らしく、根茎や茎にも糖分を蓄えているそうです。

     

    根茎は薬草として利用されます。

     

    秋口に掘り出し、陰干しして用います。

    生薬名を茅根(ぼうこん)といいます。

     

    主に利尿作用や清熱、止血、止渇を目的に、漢方薬に配合したり、民間療法では単独で用います。

     

    いずれの場合も煎じて服用します。

     

     

     

     

    | 身近な薬草たち | 09:39 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE