おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 畑の厄介者スギナ | main | 旺盛な繁殖力のチガヤ >>
これも珍名、ウマノアシガタ(馬の足形)
0

    おもしろい名前や変わった名前を持つ植物は数多くありますが、これもその一つです。

     

    ウマノアシガタ(馬の足形)

     

     

     

     

    桜が散る頃に道端や土手で黄色の花を咲かせはじめ、今でもまだ見ることができます。

     

    小さい花ですが、群生しているところではお花畑の風情です。

     

    写真は里山にあるご近所の柿畑にあるウマノアシガタの群生です。

     

     

    まさにお花畑です。

    実際は、写真で見るよりも黄色が鮮やかで、とてもきれいです。

     

    下の写真は最近のもので、果実を形成しています。

     

     

    それにしてもどうしてウマノアシガタなのか。

     

    一説によると、葉の形が馬の蹄に似ているとか、いや花の形が似ているということですが、どちらも首を傾げたくなります。

     

     

    ウマノアシガタはキンポウゲ科の植物で、葉の形は同科のトリカブトやニリンソウに似ています。

     

    キンポウゲ科の植物は花がきれいなものも多いので、園芸用にたくさん流通しています。

     

    例えばラナンキュラス、クレマチス、クリスマスローズなどなど

     

    そしてキンポウゲ科の植物には、毒性があるものも多く、その代表がトリカブトです。

     

    しかし、トリカブトは使用法さえ間違えなければとても貴重な、そして漢方薬にはなくてはならない生薬のひとつです。

     

    ウマノアシガタも有毒植物の一つに数えられ、誤食すると腹痛や下痢、嘔吐を引き起こしたり、茎や葉の汁液が皮膚に付くと赤く腫れることがあります。

     

    トリカブトのように、「毒にもなるけど薬にも」と期待したいところですが、本国ではそのような事例はないようです。

     

     

    | 身近な薬草たち | 06:20 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE