おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 夜に咲く赤花夕化粧 | main | 畑の厄介者スギナ >>
アヤメに似た花のシャガ(射干)
0

     

    里山では、アヤメに似たとてもきれいな「シャガ」の花が咲いています。

     

    シャガは中国から伝わった外来の植物です。

     

     

    ほとんど白色に見える薄く紫色がかった花には青紫色の斑点がいくつも入り、中心部分にはオレンジ色の模様があります。

     

    花は1日で枯れてしまいますが、次々と新しい花を咲かせます。

     

     

    光沢のある細い葉は冬でも枯れない常緑の多年草です。

     

    長い地下茎を伸ばし、その先に芽をつけて増えるので、たいてい群落を形成しています。

     

     

     

    この「シャガ」、漢字では射干と書きます。

     

    ところが、漢方薬を専門にしている人たちは、「射干」という漢字を見たら、たいていヤカンと読みます。

     

    なぜ?

     

    それは漢方薬に用いる生薬に射干(ヤカン)という名の薬草があるからです。

     

    しかし漢方薬で用いる薬草の射干(ヤカン)は、じつはシャガではなくヒオウギという名の植物です。

     

    中国では、このヒオウギを射干といいます。

     

    ややこしいですね。

     

    どうもシャガが日本に伝わったとき、葉の形がヒオウギ(射干)に似ていたので、間違ってヒオウギの漢名の射干を日本語読みにしてシャガと名付けられたようです。

     

    ヒオウギと違い、シャガには薬草としての利用はないようです。

    | 身近な薬草たち | 09:54 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE