おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< スズメバチのトラップを仕掛けました | main | 野いちごが実をつけました >>
野ばらといえば、ノイバラ
0

    野生のバラ、ノイバラがきれいです。

     

    わが里山の近くの道路沿いにたくさん見ることができます。

     

     

     

     

    中国では、このノイバラの花を薔薇花(しょうびか)といって暑気ばらいや健胃薬として、葉を薔薇葉(しょうびよう)といって排膿作用を目的に、化膿症に用いるようです。

     

     

    日本では、主に秋に赤く熟す偽果を薬草として利用します。

     

    赤く熟す少し前のちょっと青みがかったものを採取し、乾燥して用います。

    生薬名を営実(えいじつ)といいます。

     

    民間療法として古くから利尿作用や下剤としての作用を目的に利用されています。

    | 身近な薬草たち | 09:10 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE