おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 野いちごが実をつけました | main | アヤメに似た花のシャガ(射干) >>
夜に咲く赤花夕化粧
0

    散歩の途中、以前はあまり見かけなかった植物に出会うことがたまにあります。

     

    今日ご紹介するのも、そのひとつです。

     

     

    早朝の散歩時、道ばたで朝日を浴びて濃いピンク色の花を咲かせています。

     

    1センチほどの小さな花ですが、花壇に植えても良いくらいきれいな花です。

     

     

    調べてみると、名前がなんと「赤花夕化粧」!

     

    以前ご紹介した待宵草(マツヨイグサ)の近縁植物で、マツヨイグサと同様にもともとは夕暮れから朝まで花を咲かせますが、日中に咲いたものも時折見かけます。

     

    国立環境研究所の侵入生物データベースによると、アカバナユウゲショウは北アメリカ南部に自然分布する植物で、明治時代に観賞用として輸入されたものが野生化しているそうです。

     

    このパターンで野生化して、今では雑草扱いされている植物が多いのに驚かされます。

     

    個人的には、散歩の途中、季節ごとにいろんな花に出会えるのでうれしいのですが(^^)

     

    以前ご紹介したように、マツヨイグサもアメリカからの帰化植物なので、日本で薬草としての利用はありませんが、アメリカでは薬草としていろいろ利用されています。

     

    同様に、アカバナユウゲショウも薬草としての利用は日本ではありませんが、メキシコあたりでは民間療法として、咳や下痢、皮膚感染症などに利用されているようです。

    | 身近な薬草たち | 22:31 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE