おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< ヘクソカズラを漢字で書くと | main | カマキリの卵も生薬です >>
最近みかけるようになった「ひっつき虫」
0

    散歩中、愛犬にくっつく「ひっつき虫」と言えば、センダングサやイノコヅチ、オナモミの仲間が定番ですが、最近これに豆のサヤの形をしたものがくっつくようになりました。

     

     

     

     

     

    どうも、かわいい薄紫の花をつけた植物が犯人のようです。

     

     

     

    アレチヌスビトハギ、北アメリカ原産の帰化植物です。

     

    国立環境研究所の侵入生物データベースによると、1965年に大阪で確認、とあるので比較的新しい帰化植物です。

     

    在来種のヌスビトハギと同属で、よく似ていて、山野に生えるヌスビトハギと違い、平野の荒れ地や道端で育つのでこの名が付いたようです。

     

     

    アレチヌスビトハギの果実の表面はザラザラしています。

     

    これはマジックテープのような小さな鉤が並んでいるためで、これによって衣服や散歩中の犬にくっつきます。

     

    マジックテープが、これらひっつき虫の構造を参考にして開発されたと聞けば、納得できますよね。

     

    比較的新しい帰化植物ですから、本国での薬草としての利用はありません。

     

    欧米でも薬草として使われることはあまりないようですが、民族植物学の分野では、ウイスキーに浸けたアレチヌスビトハギの根を、筋肉の痙攣などに使用するのが紹介されています。

     

    | 身近な薬草たち | 10:56 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE