おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< 春の気配 | main | 里山の動物たち(その2、タヌキ) >>
炮乾姜(ほうかんきょう)作り
0
    毎年、晩秋に行っていた炮乾姜作りをうっかり忘れていました。

    炮乾姜作りには11月から1月の間の寒い時期が最適です。

    立春を過ぎたこの時期には、気温が上昇する日があるのでちょっと心配だったのですが、やってみることにしました。

    いつもショウガを分けていただく農家に連絡したら、保存状態の良い親ショウガ(ひねしょうが)があるということで、分けていただきました。





    洗って土を落とした後、皮をむきます。





    濡らしたキッチンペーパーを軽く絞って皮をむいたショウガを包みます。





    さらにアルミホイルで包み、ガスオーブンにて200℃で30分炮じます。





    炮じ終わったら、取り出して乾燥させます。

    気温が高い日があるので、カビが発生しないように寒い部屋で一日中扇風機で風を送って乾燥させます。





    炮乾姜を作る時期としてはちょっと遅かったのですが、状態の良いショウガが入手できたので挑戦してみました。

    ひと手間かけて炮じて作る乾姜は、陽気を補う働きがより強いように感じます。
    | はり灸、漢方薬について | 10:22 | comments(1) | - |
    コメント
    お分けいただいた王不留行で、やっと散剤ができました。黒焼きを作った時点で、確定申告や、父の葬儀があったりで、思わぬ時間がかかりました。
    部屋の中で黒焼きを作るのは、家の中がひどくふすぼって、次からは屋外でやるようにしようと思います。
    王不留行は、ほんの一部しか使ってないので、必要な場合はお知らせください。
    | たかいしゅんすけ | 2016/02/19 6:34 PM |
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE