おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< キツネノマゴ(狐の孫)という名の植物 | main | クコの花が咲きました >>
蓼(たで)にもいろいろ
0
    蓼食う虫も好きずき
     
    ということわざにも使われるタデ、実際にはその特有の香りと辛味から、香辛料として薬味や刺身のつまなどに用いられます。
     
    また、タデの葉をすり潰して酢でのばした「タデ酢」は鮎の塩焼きに添えられます。
     
    このタデはヤナギタデという種類のタデで、他にホンタデ、マタデという呼び名もあります。
     
    今回はこのヤナギタデではなく、道端や空き地、畑でよく見かけるイヌタデです。

     
    イヌタデ


    名前に使われている「イヌ」は、以前ご紹介したイヌホオズキと同じように、役に立たない、むだなもの、似て非なるものなどの意味として使われているようです。
     
    しかしタデといったらこのイヌタデのこと、と思っている人が案外多いようです。
     
    実際ヤナギタデは見たことがなくても、このイヌタデを見たことがないという人はほとんどいないほどあちこちで見かけます。
     
    このイヌタデ、見た目から赤まんま(赤飯の意)の別名を持っています。

     
    イヌタデ

     
    イヌタデの花穂は小さな花が集まって形作られています。
     
    花びらがなく、ピンク色をしているのはがくに色がついているためだそうです。
     
    ですから開花前のつぼみも、咲き終わった花もピンク色で、常に目立つようにしています。

     
    イヌタデ

     
    開花している花が少ないので撮影できませんでしたが、
    知らない間に開花して受粉し、黒い小さな種を付けたものがありました。

     
    イヌタデ

     
    薬草としては、開花期に全草を採取し、天日で乾燥したものを用います。
    民間療法として、下痢や下痢による腹痛などに煎じて服用します。

    下の写真は「蓼食う虫」ではなく、たまたまイヌタデで休憩中の虫です。
    以前ご紹介した薬草のフシグロを食べ尽くす、憎きウリハムシです(-_-;)


    イヌタデ
    | 身近な薬草たち | 09:51 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE