おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< ナスのような花のイヌホオズキ | main | 蓼(たで)にもいろいろ >>
キツネノマゴ(狐の孫)という名の植物
0
    前回のイヌホオズキと並んで里山の柿畑を席巻しているのはキツネノマゴ(狐の孫)という植物です。


    狐の孫

     
    変わった名前ですが、その由来は、花が狐の顔に似ているからとか、花が咲き終わった後の花穂が狐の尾のように見えるからなど諸説あるようです。


    狐の孫

     
    狐の顔に似ているかどうかあやしいですが、きれいな淡紅紫色の唇形花を咲かせます。


    狐の孫

     
    大きさが6〜8mmほどのとても小さな花ですが、近づいて見るととても可愛らしい花です。
     
    花があまりにも小さいためでしょうか、残念ながら雑草あつかいです(×_×)
     
    近づいて見ると、花に白い星型の模様があります。


    狐の孫

     
    これは蜜標といって、昆虫に蜜のありかを示す標識の役目だそうです。


    狐の孫

     
    その模様がミツバチのお気に入りなのでしょうか、あるいは蜜の味が好みなのでしょうか、他の植物の花には見向きもしないで、効率が悪そうな最も小さい花の蜜をせっせと吸っています(^^)
     
    薬草としては日本の古い文献にも記載があり、生薬名 を爵状(しゃくじょう)といいます。
    中国名は爵床です。
     
    花が咲く今頃の時期に、全草を採取して陰干ししたのを用います。
     
    漢方薬に配合されることはありませんが、主に民間療法として、鎮静や鎮痛、あるいは解熱や咳止めを目的に煎じて服用します。
    | 身近な薬草たち | 12:06 | comments(1) | - |
    コメント
    爵状ですか。しても可愛い花を咲かせて呉れるのですね。
    お恥ずかしながら蜜標というものの存在を初めて知りました。
    自然界の神秘に触れた思いです。
    患者さんが「証票」をおでこに付けてくれていると助かるのですが・・・・(^^;)
    | 福ちゃん | 2015/10/13 8:52 PM |
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE