おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
<< パンジーやビオラもいいけど、野生のスミレもなかなかの味わいです | main | ヒメジョオンの群生があちこちで見られます >>
ハハコグサは春の七草の御形です
0

    七草粥の材料の一つである御形(ゴギョウ、オギョウ)はハハコグサ(母子草)という植物です。


    ハハコグサ


    ハハコグサ


    ハハコグサ


    今の時期になるとあちこちの道ばたや庭に何ともいえない小さくてかわいい黄色の花を咲かせているので、すぐに見つけることができます。


    ハハコグサ


    七草粥のころの若葉は、地に張り付いたようなロゼット状なので、今のように簡単に見つけるのはちょっと難しいかもしれません。

    七草粥や草餅には、その柔らかい若葉を用います。


    ハハコグサ


    薬草としては花が咲く今の時期、全草を採取して天日で乾燥させたものを用います。

    生薬名を鼠麹草(ソキクソウ)といいます。
    葉が鼠の耳に、花が黄色い麹(こうじ)に似ていることによるようです。

    ソキクソウは咳や痰の症状、むくみに煎じて服用します。

    また変わった利用法として、ソキクソウを黒焼きにしてすり潰し、ごま油で練ったものをタムシなどの皮膚病に外用する療法もあるようです。





     
    | 身近な薬草たち | 15:12 | comments(2) | - |
    コメント
    自然な漢方が好きで、除草剤嫌いで、野の花が
    大好きな私が、こんなサイトを見つけてしまいました。
    美しい写真ですね。まさか、うちの庭にも
    たくさん咲いているハハコグサが、こんな風にして
    薬用にも使われてきたなんで、これまで何も知らなかったことに
    対して、ハハコグサさんと
    おおた漢方薬店さんにも
    お詫びしたい気持でいっぱいです。

    ご紹介いただいた利用法を、盛りのときに摘んで
    ぜひ試してみたいと思います。

    お伺いするには少し遠くですが、漢方や花が
    懐かしくなればまた寄らせてくださいね。動物たちも
    隣の草木も共に喜べる、
    薬にもなる野の花が、踏みつけられずに
    大切にされますように。
    今年もどうぞ健康でお過ごしください。
    | 2019: 春まであと少しですね | 2019/02/13 8:18 PM |
    コメントありがとうございます。

    ちょうど今の時期が旧暦の正月に当たりますので、春の七草も簡単に見つけることができますね。

    漢方薬に用いられる生薬は、薬効が比較的強いので民間療法のように単独で用いられる事はあまりありません。

    一方、母子草のような薬草は主に民間療法で用いられる薬草です。

    このような薬草は、薬効も比較的穏やかですので安心して用いることができます。

    ぜひいろいろ試してみてください。
    | おおた鍼灸院・漢方薬店 | 2019/02/14 6:17 PM |
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE