おおた鍼灸院・漢方薬店

熊本市南区田迎4-9-50、TEL 096-288-6861 おおた鍼灸院・漢方薬店です。
はり灸と漢方薬に代表される東洋医学について、あるいは身の回りの薬草やツボの話などを述べています。
チューリップが咲きました
0

    以前、里山の花畑にチューリップを植えていましたが、里山に通って世話するのが大変になったので、わが家の近くの畑に植えることにしました。

     

    参考:チューリップの芽が出ました。2020/02/22

     

    新たに購入した球根は色だけ指定して品種を指定しなかったので、開花時期が赤と黄色で若干ズレてしまいました。

     

    最初に赤色が開きました。

     

     

    花が大きい品種だったようで、みごとにデカい花が咲きました。

     

    でもちょっと寸足らずです。

     

     

    これはこれで可愛らしくもあるのですが、、、

     

    やっぱり極端な暖冬が影響したんですかね。

     

    ところがどういうわけか、開花した後で茎が伸びたようで、なんかチューリップらしくなったような(^ ^)

     

     

    赤色に遅れること十日ほどで黄色が開きそろいました。

     

     

    風が強い日だったので花がなびいています。

     

    里山の花畑と違い、田園の中にある畑なので吹きさらしです。

     

    チューリップにはちょっと厳しいかもしれませんね。

     

     

    次回は品種にも考慮したいと思います。

     

     

    | 日々の出来事 | 11:41 | comments(0) | - |
    チューリップの芽が出ました
    0

      今年は暖冬だったので、チューリップの芽が出るのも早いかなぁと思っていたら、むしろ例年よりちょっと遅いかも知れません。

       

      下の写真は2月5日に撮りました。

      芽が出ているのはまだまだほんの一部です。

       

       

      昨年までとは品種も違い、場所も里山から平地に移したので一概には言えませんが、例年だとだいたい立春を過ぎたころからニョキニョキ顔を出していました。

       

      さすがに二十四節気の雨水を過ぎる頃にはほとんどの球根から芽が出ました。

       

       

      ここからは昨秋おこなった植え付けの様子です。

       

      里山はちょっと遠く、行き来が大変なので、今回からわが家の近くの畑に植えることにしました。

       

      里山では7000個ほど植えていましたが、今回は手始めに新しい球根を400個入手しました。

       

       

      よほど品質に自信があるのか、おまけなしのキッチリ400個送ってきました(^ ^)

       

      耕した畑に畝を作り、10cm間隔で2列植えます。

       

       

      これに肥料を施し、土をかぶせます。

       

       

       

      場所を変えたので少し心配していましたが、

      順調に芽が出たのであとは開花を待つばかりです(^^)v

      | 日々の出来事 | 11:34 | comments(0) | - |
      今年はメジロがたくさん来ています
      0

        年によって少しの増減がありますが、ここ2、3年、わが家の庭にやって来るメジロが激減してました。

         

        年末からジョウビタキはちらほら見かけますが、メジロの姿はほとんど見かけませんでした。

         

        この冬もダメかなぁと諦めかけていたら、最近になってたくさん来るようになりました。

         

        早速庭の百日紅の木にミカンを取り付けたら、あっという間に10羽ほどのメジロが食べに来ました。

         

         

         

        ヒヨドリに横取りされないようにとても不安定な小枝に取り付けても、身軽な体を器用に動かして上手に食べます。

         

         

         

        木の下にはスイレンを入れた大きな水溜めがあるので、水浴びや水を飲む姿も見られます。

         

         

         

         

         

         

        | 日々の出来事 | 12:03 | comments(0) | - |
        どんどや(どんど焼き)
        0

          1月14日、地元の町内でどんどや(どんど焼き)が行われました。

          一般的にはどんど焼きと呼ばれる正月の火祭り行事ですが、熊本地方では「どんどや」と言われることが多いようです。

          写真は、前日どんど焼きの櫓を組んでいるところです。

          まずは骨組みを作ります。



          借りた田んぼなので重機は使えず、作った骨組みは人力で立ち上げます。



          この骨組みに竹と藁縄を用いて藁をくくり固定します。

           



          立派なやぐらの完成です。

           

          しめ縄や書き初めの書などをくくりつけて燃やします。




          当日は今年の干支の亥年生まれの子供たちによって点火されました。



           



          どんど焼きの火で焼いた餅を食べると、その1年は健康に過ごせるとの言い伝えにならい、残り火を使って餅を焼きます。



          漢方薬で薬草を炮じるのを参考に、餅を濡らしたキッチンペーパーで包んで焼いたらうまくいきました。

           

           

           

          とてもおいしかったです(^ ^)

          | 日々の出来事 | 18:16 | comments(0) | - |
          里山の紅葉
          0

            栗の季節が終わってから久しく里山に行ってなかったので、紅葉を見に出かけました。

             

            ちょっと時期が遅かったみたいで、モミジはかなり落葉していました。

             

            でも、木によっては今が見ごろのものもいくつかありました。

             

             

             

            下の写真のブルーベリーは品種によって色づきも違います。

             

             

            枝が張ったまま育てたが紅葉には見栄えがいいのですが、来年おいしい果実を採るために、この後ザックリ剪定します。

            | 日々の出来事 | 18:04 | comments(0) | - |
            りゅう座流星群
            0

              10月8日の深夜から今日9日の明け方にかけて、りゅう座流星群が見ごろということで、いつもの愛犬との早朝散歩を早めにしました。

               

              今日はほぼ新月なので月明かりもなく、観察するには絶好の条件。

               

              ただ調べてみると、今年のりゅう座流星群の出現数は、1時間に数個程度という予想。

               

              あまり期待しなかったのですが、足元を気にしながらも、なるべく北の空を見上げて歩いていると、出現しました流星!

               

              30分くらいの散歩で3個見ることができました。

               

              願い事をするような余裕はなかったのですが、どこからともなく流れてくるキンモクセイの香りを感じながら流れ星を見つけると、何かいい一日になりそうな、というこころもちに。

              | 日々の出来事 | 12:25 | comments(1) | - |
              千原桜、復活の兆し!
              0

                20年以上前、豊野町にある里山に植えた桜の苗木。

                 

                100本ほど植えたのですが、その後枯れたり台風で倒れたりして、現在では半分ほどに減りました。

                 

                 

                 

                その中でも特に残念だったのは、3本あった「千原桜」が2015年の台風で全て倒れた事でした。

                 

                千原桜(ちはらざくら)は、山桜の変種で、原木が見つかったのが熊本市の千原台だったのでこの名がついたそうです。

                 

                花はソメイヨシノより大きく、色は純白です。

                 

                 

                優雅で気品のある風合いを持つ桜で、とても気に入っていました。

                 

                その倒れた千原桜のうちの一本がどうしても掘り出せなくて、そのままにしていたら何と花を咲かせました。

                 

                 

                 

                 

                ほとんど熊本でしか見られない貴重な品種なので、このまま枝を伸ばしてうまく復活してくれたら嬉しいのですが。

                | 日々の出来事 | 10:03 | comments(0) | - |
                熊本らん展2018に行ってきました
                0

                  平田ナーセリー熊本店で開催されている熊本らん展2018に行ってきました。

                   

                   

                   

                  東京ドームや福岡ドームで開催されるらん展に比べたら、規模ははるかに小さいですが、出品されているランは、なかなかの力作ぞろいでした。

                   

                   

                  最優秀賞は伊藤省三さんのデンドロビウム ネスター ‘ナガタ’でした。

                   

                   

                  そしてわが家の93歳になる長老の出品作のひとつが奨励賞をいただきました。

                   

                   

                  リンコソフロカトレア サトミ ヨソオイ という品種です。

                   

                   

                  へへっ、ちゃっかり治療院の待合室に借りてきて飾っています。

                  | 日々の出来事 | 09:33 | comments(0) | - |
                  熊本らん展2018に出品
                  0

                    明日(3月23日)から3日間、平田ナーセリー熊本店にて「熊本らん展2018」が開催されます。

                     

                    洋ラン愛好家のわが家の長老も、それに出品すべく準備をし、満を持して6品そろえました。

                     

                    1)Coel. Inter media 

                    大株のセロジネです。とても存在感があります。

                     

                     

                    2)Rsc.(Blc.) Satomi ‘Yosoi’ リンコソフロカトレア 里美 ‘装い‘

                    写真では一輪隠れていますが、四つの大輪が見事です。

                     

                     

                    3)Paph. Valwin Red Hen パフィオ バルフィン

                    パフィオペディラムは花弁の一部が袋状になった、ふしぎなかたちの花です。

                     

                     

                    4)Paph. Noble Winston X Sparsholt ‘Jaguar’

                    パフィオペディラムの交配種です。

                     

                     

                    5)Dendrobium Rainbow Dance ‘Hanabi’ デンドロビウム レインボー ダンス ‘花火’

                    花火と名付けられたデンドロビウムです。

                    ぎっしり花がついて、見事な‘花火’に仕上がっています。

                     

                     

                    6)Dendrobium Yellow Song ‘Candy’ デンドロビウム イエロー ソング ‘キャンディー’

                    こちらはキャンディーと名付けられた黄色のデンドロビウムです。

                     

                     

                    以上の6点を出品しました。

                     

                    はたして審査の結果はどうなるでしょうか。

                    | 日々の出来事 | 21:31 | comments(0) | - |
                    旧暦併用のススメ
                    0

                      2月16日は旧暦の1月1日でした。

                       

                      中国を中心とした中華圏では、今でも新暦の正月よりも盛大にお祝いする習慣が残っているのは、毎年のニュースでおなじみのことですね。

                       

                      明治維新(実際には、旧暦明治5年12月3日をもって新暦明治6年1月1日とするという改暦令)によって、一気に旧暦から新暦(太陽暦)にかえた日本と違い、中国では、その土地の風土にあった暦(太陰太陽暦)である旧暦の風習が色濃く残っているようですね。

                       

                      日本でも、その旧暦の風習をなんとか残そうとしたのでしょうが、ちょっと変なことになってますよね。

                       

                      例えば七夕。

                       

                      旧暦の7月7日は、今年の新暦では8月17日にあたります。

                       

                      ひこ星もおりひめ星も、晴天が続く夏の夜空に見ることができます。

                       

                      ところが、新暦7月7日は梅雨の真っただ中で、星を見ることがとても難しいですね。

                       

                      このズレを最小限にするため、8月7日を七夕の日にしている地域があるのもうなずけます。

                       

                      お盆は、旧暦の7月15日だったのを、多くの地域が新暦では8月15日にしているのは、農繁期とのかね合いからだという説がありますが、農業の盛んな熊本市でも新暦の7月15日にお盆の行事を行う地域があり、戸惑うことがあります。

                       

                      そしてお正月。

                       

                      昔は1月7日に食べる七草がゆは立春後の行事でした。

                      ちなみに今日、22日が旧暦1月7日にあたります。

                       

                      春の七草を温室栽培に頼る近年の七草がゆと違って、立春を過ぎると本来の野草として見つけることができます。

                       

                      写真はハコベです。

                       

                       

                      春の七草の中でも、ハコベは真冬でもわずかに見ることができますが、立春を過ぎると花がつき始めるので簡単に見つけることができます。

                       

                       

                      最近では、この旧暦が見直されているそうです。

                       

                      広島大学名誉教授の金田晉(かなた・すすむ)先生の「旧暦併用のススメ」という記事が、毎日新聞(西部版2月12日)のオピニオン面に掲載されていました。

                       

                       

                      これはわが家で利用しているカレンダーです。

                      太陽暦と旧暦を併用したものです。

                       

                       

                      季節感があって、とても気に入っています。

                      | 日々の出来事 | 12:43 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE